MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk
当店推薦レーベル、オーディオ誌等で紹介された高音質ソフトを紹介します。

新譜紹介

交響曲による遺言~交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」 /ジョルディ・サヴァール 【SACDハイブリッド】

サヴァール、モーツァルトの後期三大交響曲を録音!!

巨匠サヴァールが、モーツァルト後期三大交響曲を録音しました!古楽界を半世紀近くにわたって牽引しつづけ、その演奏(楽器・指揮)そのものの素晴らしさのほか、計り知れない知識と歴史に対する洞察で他の追随を許さないジョルディ・サヴァール。この三作品でもサヴァールだからこそ為し得た境地の演奏が展開されています。モーツァルトの後期三大交響曲、特に第41番の最終楽章は、それまでの気軽な娯楽としての「交響曲」、ほかのオペラや協奏曲といった形式などと区切るための「交響曲」というジャンルへの告別となったといわれています。モーツァルト以降、「交響曲」は、音楽的な宇宙の中心に位置するシリアスな作品としてのジャンルへと歩み出すことになります。そうした意味でも、当盤のタイトル「Le testament symphonique~Symphonies 39,40&41~交響曲による遺言~交響曲第39,40&41番」はまさしく、といったものといえるでしょう。モーツァルトは、後期三大交響曲と呼ばれることとなる第39番を1788年6月26日、第40番を1788年7月25日、第41番を1788年8月10日という比較的短い期間に完成させています。サヴァールはこの3作品の関連性を重視し、40番をdisc2の冒頭にも入れています(disc1と同演奏)。ル・コンセール・デ・ナシオンはこれら3作を最高の状態で響かせています。41番の終楽章の終盤、コーダにかけての響きはこの世のものとは思えません。サヴァールのモーツァルト後期三大交響曲、大注目です! (キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

フォーレ: レクイエム(フル・オーケストラ版:1998年出版新校訂譜使用)、フランク: 交響曲ニ短調

フル・オーケストラ版によるフォーレのレクイエム
ヘレヴェッヘの名盤LPで初登場!

ヘレヴェッヘのフォーレのレクイエム(フル・オーケストラ版)が、初LP化!さらに、デジパックでお求めやすい価格で再発売されます(LPにはフランクの交響曲は収録されません)。
フォーレのレクイエムは、1892年当初、教会で室内楽編成で演奏されました。フォーレは後に出版社からコンサートホールで演奏するためにオーケストラ編成にしてほしいと依頼を受け、1901年にオーケストラ版を完成させました。ヘレヴェッヘはフォーレのレクイエムを室内楽稿とフル・オーケストラ版の両方を録音、世界をその美しさで圧倒しました。このフル・オーケストラ版での演奏にあたり、ヘレヴェッヘは1998年に出版された校訂譜を使用して演奏しています。ピリオド楽器のオーケストラによるフォーレのレクイエム、超絶の美しい世界をお楽しみいただけます。 (キングインターナショナル)

LP【TOWER RECORDS ONLINE】
CD【TOWER RECORDS ONLINE】

君はヒースを信じているか /アトレ・スーポンベルグ【SACDハイブリッド】

詩人の目で生を見つめた室内楽作品集

トロンハイム在住の作曲家ストーレ・クライベルグは、現代的な要素とロマンティックナ要素を独自のやり方で混ぜ合わせることから、しばしば「モダン・ロマンティック」と呼ばれています。新しいアルバム『君はヒースを信じているか』では、詩人の目で生を見つめた室内楽作品が4曲、演奏されます。弦楽四重奏曲第3番は、「夏」を語る、「生きる歓び」の吹き込まれた音楽として作られました。「そぞろ歩き」の第1楽章、「夢想する、夜の音楽」の第2楽章「熱狂と活気に満ちた」第3楽章。フルート、ヴィオラ、ハープのための《トリオ・ルナ》(月の三重奏)は、一日の時によって外的、内的な景観の異なる月の雰囲気を捉えた〈宵の月(Luna serale)〉〈夜の月(Luna not-turna)〉〈朝の月(Luna mattutina)〉の3楽章の作品。この曲を演奏する「トリオ・ルナ」は、トロンハイム交響楽団のフルートとヴィオラの首席奏者とハープ奏者のアンサンブルです。2つの歌曲集は、クライベルグがコラボレーションを行ってきた抒情詩人、ヘルゲ・トルヴン Helge Tor-vund の「光、静けさ、愛、死、自然」をテーマとする詩に作曲されました。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

天の砦 /ウラニエンボルグ・ヴォーカルアンサンブル【SACDハイブリッド+Bru-ray Audio】

天上の歌声をもつ
ウラニエンボルグ・ヴォーカルアンサンブル最新盤!

ウラニエンボルグ・ヴォーカルアンサンブルは、オスロのウラニエンボルグ教会を本拠に活動する合唱団のひとつ。日曜礼拝に参加、詩と音楽というふたつの芸術形式の融合した伝統の賛美歌を歌い継ぐとともに新しい伝統を作ることにも力を注いできました。新しいアルバム『天の砦』は、『ノルウェー教会新賛美歌集』の曲を中心に歌った2016年の『天と地の接するところ』(2L126SABD)に続く2作目の賛美歌集。最初のアルバムに倣い、『新賛美歌集』の曲に加え、ノルウェーの3人の作曲家、マルクス・パウス、マリアンネ・ライダシュダッテル・エーリクセン、ビョルン・モッテン・クリストフェシェンが『新賛美歌集』の曲に基づいて書いた作品が歌われます。ブロアセンの《わたしの目が、労苦に疲れ》は、コーレ・ノールストーガのオルガン即興と、ウラニエンボルグ・ヴォーカルアンサンブルの指揮者、エリサベト・ホルテの新しい編曲による歌唱の2つのバージョンで収録されました。
[このアルバムは、5.1 DTS-HD MA(24bit/192kHz)と2.0 LPCM(24bit/192kHz)のBlu-rayディスクとSACDハイブリッドディスク(5.0 surround/stereo)のセットです。Blu-rayディスクにはインデックスを除き映像は収録されていません。CDやDVDのプレーヤーでは再生できないので、Blu-rayプレーヤーもしくはBlu-ray対応のPCで再生してください。また、CD層はMQA-CD仕様になっておりMQAデコーダーを搭載した対応機器を使用すれば、ハイレゾ・スペック音源を聴くことができます。]
(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

マーラー: 交響曲第1番「巨人/フランソワ=グザヴィエ・ロト【CD】

今年上半期最大のリリース!
あの「春の祭典」を凌ぐ衝撃!!
ロトとレ・シエクルがマーラーの「巨人」を
ついにピリオド楽器で再現!!!
それも「花の章」付き!!!!

ついにマーラーの「巨人」のピリオド楽器による演奏が登場しました!それもあのロトが、手兵レ・シエクルを率いての挑戦。マーラーの交響曲第5番と3番を、初演オーケストラであるケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団と録音して絶賛を受けているだけに、無視していられるクラシック・ファンはいないはず。マーラーは1889年11月20日に初のオーケストラ作品である交響詩をブダペストで初演しました。その後1893年にハンブルグの宮廷指揮者に任命された際、その作品を改訂し、交響曲形式による音詩「巨人」と名付けました。徹底的にオーケストレーションを直し、あまりにベートーヴェン的だった序奏部を独創的な高周波のような弦のトレモロにし、木管を倍増、コールアングレやバスクラリネットなども加え、可能な限り自然の音をイメージさせるスコアにしました。第2楽章に「花の章」を含むこの第2版は、同年10月27日にハンブルクで初演されました。今回のロトとレ・シエクルの演奏はこの第2版によります。ロトのコンセプトは「春の祭典」と同様にオリジナルの形へ戻すことで、削除された「花の章」の意義と重要性に着目し、この甘美な音楽が、続く荒廃の世界を強調する働きを持つことを強調しています。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

ホルスト: 惑星/アンドレ・プレヴィン 、 ロンドン交響楽団 【SACDハイブリッド】

アンドレ・プレヴィン追悼企画。ビショップ&パーカーのコンビが到達した旧EMI音源の最優秀録音盤のひとつ!最上の音質をSACDで再現。新規解説付
2019年2月に89歳で亡くなったアンドレ・プレヴィン(1929.4.6-2019.2.28)の数ある録音のなかから、ボールト盤と並んで高い評価を受けている旧EMIレーベルの「惑星」と、同じく音質含めファンが多いブリテンの「4つの海の間奏曲他」を最新復刻。ビショップ&パーカーのコンビによる最優秀録音としても著名であり、70年代のアナログ録音が到達した頂点とも言える素晴らしいスペックの録音が眼前に広がります。今回の復刻のために、本国のオリジナル・マスターから96kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリングを新規で行いました。序文解説は日本のプレヴィン研究の第一人者、高木正幸氏による文章を掲載。

【TOWER RECORDS ONLINE】

モーツァルト: 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全曲/オットー・クレンペラー 【SACDハイブリッド】

「クレンペラーSACD復刻シリーズI」
「DEFINITION SERIES」は今回で第20回目を迎えました。2015年3月に第1弾を発売してから4年が経過し、総タイトル数は37を数えます。埋もれていた旧EMIレーベルの名盤を中心に、様々な音源を復刻して来ましたが、EMIレーベルにはまだまだ有力なアイテムが目白押しです。そこで、第20弾到達を記念し、今回より不定期でクレンペラーの音源の一部を体系的にリリースすることにいたしました。今回の歌詞対訳付の解説書は120ページ以上、そして現在のクレンペラー解釈の第一人者による新規解説を掲載し、「クレンペラー年表」(共通)を別添付した仕様で復刻いたします。

【TOWER RECORDS ONLINE】

ストラヴィンスキー: バレエ「春の祭典」、「ペトルーシュカ」/カレル・アンチェル 【SACDハイブリッド】

チェコ・フィル全盛期の1963年録音である「春の祭典」と、虚飾を排した写実的な名演「ペトルーシュカ」のベストカップリング盤。優秀録音。今回の復刻のために本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でダイレクトDSD化を行った音源をマスタリング。世界初SACD化!

※世界初SACD化。ステレオ録音。限定盤
※チェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープから2019年にDSDマスターにダイレクト変換した後、2019年にマスタリング
※マスタリング・エンジニア:毛利篤氏(日本コロムビア)
※オリジナル・ジャケット・デザイン採用
※解説:平林直哉氏(序文解説)、他
※通常ジュエルパッケージ仕様
※盤印刷面:緑色仕様

【TOWER RECORDS ONLINE】

ショパン:4つのスケルツォ /イリーナ・メジューエワ【CD】

古典への果てしなき挑戦――ショパン演奏の新たな歴史を刻む

新レーベル「BIJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)」の記念すべき第1弾は、イリーナ・メジューエワによるショパンの「スケルツォ集」。メジューエワにとって16年ぶりの再録音となりますが、今回は1925年に製造されたニューヨーク・スタインウェイの名器(CD135)を使用しているのがポイント。圧倒的なダイナミクスとニュアンスに富んだ繊細さの両方を兼ね備えた楽器を駆使して、ショパン作品の真髄に迫ります。

【TOWER RECORDS ONLINE】

J.S.バッハ:マルコ受難曲 /ジョルディ・サヴァール 【SACDハイブリッド】

サヴァールによる「マルコ受難曲」が登場!
妖しいまでの美しさとやさしさにふちどられたアンサンブル

バッハは全部で5曲の受難曲を作曲したと言われています。が、確実にバッハの作といえるのは、「マタイ」と「ヨハネ」、そしてこのマルコ受難曲の3作です。マルコ受難曲は1731年3月にライプツィヒに初演され、1744年の聖週間に再演された受難曲ですが、現在では歌詞しか残されていません。その歌詞の構造の研究により、BWV198から5曲(第1,3,5,8,10曲)、BWV54より1曲(冒頭のアリア)がそれぞれ転用されたとされ、さらに他の楽曲もほぼすべて他の(バッハの)楽曲からの転用だったと考えられています。現在このマルコ受難曲を演奏する際には、それぞれの演奏者の考えや作品に関するヴィジョンが反映されます。これまでにもコープマンをはじめとする演奏者たちが録音に挑戦してきていますが、ここにサヴァールの演奏も加わることになりました。サヴァールはマタイ受難曲やヨハネ受難曲、さらにコラールなどから楽曲を集めて演奏しております。冒頭の楽曲から、やわらかな音色によるアンサンブルの妖しいまでの美しさに驚かされます。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

コリン・カリー&スティーヴ・ライヒ~ライブ・アット・フォンダシオン・ルイ・ヴィトン /コリン・カリー 、 スティーヴ・ライヒ【CD】

ライヒがコリン・カリーに寄せる厚い信頼に裏打ちされた
見事なアンサンブル!

コリン・カリーのレーベル第3弾は、パリにあるルイ・ヴィトン財団の美術館、フォンダシオン・ルイ・ヴィトンにて行われたライヒ作品の演奏会のライヴ録音です。2017年末、ルイ・ヴィトン財団が、スティーヴ・ライヒの展覧会を企画しました。ライヒはそのイベントにあたり、コリン・カリーと彼率いるアンサンブルが、ライヒ自身のオファーを受け、レジデンス・アーティストを務めました。演奏会で何を演奏するかについてはライヒとカリーの間で様々な話し合いが行われ、2日間にわたる演奏会が催され、その中から5作がここに収められました。クラッピング・ミュージックではライヒ本人も演奏に参加しています。 (キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

Solo /Nicolas Stocker【CD】【LPレコード】

■ニコラス・ストッカーは、1988年チューリッヒ生まれの作曲家、ドラム&パーカッション
奏者。
ニック・ベルチュの「MOBILE」のメンバー等として国際的に活動し、2016年のECM作にも参加
していたハイスキル・ドラマー、ニコラス・ストッカーのファースト・ソロ・アルバム。

すべてストッカーによる作編曲で、ドラムセットと様々な調律打楽器、非調律打楽器を、
ループ、クリック、オーバータブ一切なしでレコーディング。
複雑で精緻なリズム、洗練されたグルーヴを駆使し、自身の身体と打楽器だけで多彩な
サウンドスケープを創造しています。
※録音:2017年12月、ベルリン(ドイツ)解説より

AD(LPレコード)も発売。

【TOWER RECORDS ONLINE】

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲/トリオ・ツィンマーマン【SACDハイブリッド】

注目盤!弦楽トリオ版のゴルトベルク変奏曲の決定盤が登場!トリオ・ツィンマーマンが銘器ストラディヴァリウスで魂をこめて奏でる!!

フランク・ペーター・ツィンマーマン、アントワーヌ・タメスティ、クリスチャン・ポルテラによるトリオ・ツィンマーマンが遂にゴルトベルク変奏曲を録音しました!

トリオ・ツィンマーマンは2007年に結成。「トリオは自分にとってベストなアンサンブル」と語るツィンマーマンが、長年ベストなアンサンブルができる演奏者を探し、若き天才ヴィオラ奏者のアントワーヌ・タメスティの演奏に感銘を受けたツィンマーマンが直々にトリオ結成を懇願。その後、タメスティが信頼を寄せるチェリスト、ポルテラにオファーしたことによりトリオ・ツィンマーマンが結成しました。(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

イザイ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲(未完の新発見ソナタも含む)/米元響子【SACDハイブリッド】

破格のスケール感
久々の本格芸
1727年製ストラディヴァリウスの圧倒的音色!
米元響子、待望の初CDは
満を持して臨んだイザイ無伴奏ソナタ集
新発見の未完のソナタも収録の注目盤!

類まれなる集中力と高い技術、明晰なアーティキュレーション、それでいてふくよかで豊かな柔らかさもある音楽。いま世界中から熱き視線を集めるヴァイオリニスト、米元響子が待望の初CDをリリース。演目はイザイの無伴奏ソナタ全曲、さらに最近になって発見された未完のソナタも収録しているという注目盤です。録音は最高位のDSD 11.2MHzで行われており、米元がすぐそこで弾いているような臨場感あふれる録音となっています。

【TOWER RECORDS ONLINE】

隠されたヴァイオリン~ストラディバリによるポーランド・ヴァイオリン作品集 /ヤヌシュ・ヴァヴロウスキ 【CD】

ポーランドを代表するヴァイオリニストのひとり、ヤヌシュ・ヴァヴロウスキのアルバムは、謎に包まれた楽器が使用されています。ここで使われたヴァイオリンは、戦後のポーランドとして初のストラディヴァリウスとなります。バッハが生まれた年と同じ1685年製のこの楽器は、これまで私的なものであり、記録になかったもので、まったく謎に包まれた楽器といわれています。最近この楽器を購入しヴァヴロウスキへ貸し出した後援者は、ポーランド独立100年を称え「ポロニア」と名付けました。ヴァヴロウスキはこの楽器の音色が発揮できるために、ポーランドの作曲家による作品によって演奏されています。

【TOWER RECORDS ONLINE】

西村朗:シェーシャ[聖蛇]・・・・アルディッティSQ プレイズ 西村朗 /アルディッティ弦楽四重奏団【CD】

文化庁芸術祭レコード部門大賞に輝いたCDアルバム『エイヴィアン[鳥]』、弦楽四重奏曲第4番を中心に収録した『ヌルシンハ[人獅子]』に続く、アルディッティ弦楽四重奏団による西村朗の弦楽四重奏曲集第3弾。 西村が、世界的ヴァイオリニスト、アーヴィン・アルディッティの還暦を祝って作曲し、ロンドンのウィグモア・ホールで初演された表題曲「シェーシャ[聖蛇]」(弦楽四重奏曲第5番)から、2017年にアルディッティ四重奏団に捧げた「朱雀」(同第6番)までの近作、全3作品を、来日の機会をとらえセッション録音した必聴の音源。

タワーレコードで購入

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第16弾!リヒテル、クナッパーツブッシュ、グリュミオー 【SACDハイブリッド】

 

 

 

 

 

 

タワーレコード・オリジナル企画盤  UNIVERSAL x TOWER RECORDS
ユニバーサル音源を復刻する、SA-CDハイブリッド盤のシリーズ最新作
VINTAGE SA-CD COLLECTION” 第16弾!

DG、Decca音源 不滅の名盤3点 優秀録音盤
(ステレオ録音)(一部世界初SA-CD化)(盤面印刷:緑色仕様)
1. リヒテル(P)、ロヴィツキ、カラヤン他/ドイツ・グラモフォン協奏曲録音集(3枚組)
2. フラグスタート、ニルソン(S)クナッパーツブッシュ他/ワーグナー名演集(2枚組)
3. グリュミオー、ロザンタール他/ラロ:スペイン交響曲、ショーソン:詩曲、他
限定盤

本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でミキシングと高品位デジタル化(2ch)後、
本国の専任エンジニアによる最新マスタリングを行いました
新規序文解説付き。オリジナル・ジャケット・デザイン使用

タワーレコードで購入

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集Vol.1/ヴィルヘルム・バックハウス【SACDシングルレイヤー】

 

 

 

 

 

 

ドイツのピアニスト、ヴィルヘルム・バックハウスが晩年に録音した2回目のベートーヴェン・ピアノ・ソナタ集が、没後50年となる今年初めてDSDリマスタリングされ、SA-CDとしてリリースされます(第29番のみ1回目のモノラル録音)。バックハウスのベートーヴェンは、録音から50年を経てもなお、スタンダードな演奏として世界中で聴かれています。1909年にはドイツ・グラモフォンに世界初となるピアノ協奏曲録音を行うなど、ピアノ演奏史・録音史に欠かせないアーティストの一人と言えるバックハウス。SA-CDの大容量を生かし、CD8枚分の録音を6枚に収録し、3枚組2タイトルで発売します。新リマスターで甦ったこの演奏をぜひご堪能ください。
(ユニバーサルミュージック)

タワーレコードで購入