MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk
当店推薦レーベル、オーディオ誌等で紹介された高音質ソフトを紹介します。

新譜紹介

モーツァルト: ピアノとヴァイオリンのためのソナタ集 Vol.2 /イザベル・ファウスト 、 アレクサンドル・メルニコフ【CD】

ファウスト&メルニコフのモーツァルト・ソナタ集第2弾!
冴えわたるファウストのヴァイオリンの音色!
メルニコフの自由闊達にして雄弁なフォルテピアノ

世界最高峰のヴァイオリン奏者の一人、イザベル・ファウストと、その音楽にますます深みと自由度を増している充実のメルニコフによる、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集第2弾の登場。第1弾(KKC 6002/HMM 902360)が、ファウストとメルニコフの息と音色までもがぴたりと寄り添った演奏で、世界中で高く評価されました。今回の第2弾でも、ファウストが繰り出すパッセージは、どれもまばゆく冴えわたる音色で、目が覚めるような響き。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

モーツァルト: ディヴェルティメント KV.563、弦楽三重奏曲楽章 KV.562e/Anh.66 /トリオ・オレアーデ【SACDハイブリッド】

チューリヒ・トーンハレ管のヴァイオリニスト石橋幸子が率いる弦楽三重奏団!

“トリオ・オレアーデ”は、スイスを拠点に活動し、ミュンヘン国際弦楽三重奏コンクールで第1位を受賞している弦楽三重奏団。3人ともが、ハービスロイティンガー・ストラディヴァリ財団から貸与されたストラディヴァリウスを使用しているトリオ・オレアーデのセカンド・アルバムは、モーツァルトの最高に熟練した作曲技術が発揮された、弦楽三重奏のための「ディヴェルティメント」KV.563。ヴァイオリン奏者の石橋幸子(いしばしゆきこ)は、ドイツのリューベックでザハール・ブロン教授に師事し、数々の音楽コンクールで受賞。スイスの名門チューリヒ・トーンハレ管弦楽団のヴァイオリン奏者としても活動している名手。ドイツのウルズラ・ザルンタインもチューリヒ・トーンハレ管弦楽団で第2ヴァイオリン奏者からヴィオラ奏者へと転向して活動。台湾出身の両親の下、ウィーンで生まれたクリスティーネ・フーは、現在はハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして活動しています。 (東京エムプラス)

【TOWER RECORDS ONLINE】

フロム・ディス・プレイス /Pat Metheny

2020年2月21日、ファンが待ち望んだ、スタジオ・アルバムとしては実に6年振りとなるパット・メセニーの新作『FROM THIS PLACE』がノンサッチ・レコーズより遂に発売となる! パット・メセニーと長年共に演奏し続けていたドラマー:アントニオ・サンチェスをはじめ、マレーシア/オーストラリア人のベーシスト:リンダ・オー、イギリス人のピアニストであるギレルモ・シムコック、そしてジョエル・マクニ―リー率いるハリウッド・スタジオ交響楽団が参加したこの新作には、ヴォーカル曲を含む新曲10曲を収録、メセニーの新たなる世界が繰り広げられている。

【TOWER RECORDS ONLINE】

マーラー: 交響曲第8番 《千人の交響曲》 /ガブリエル・フェルツ【SACDハイブリッド】

ガブリエル・フェルツ!
マーラー「千人の交響曲」SACD盤!

リューベック市劇場、ブレーメン劇場のカペルマイスター、アルテンブルク・ゲラ市の管弦楽団および歌劇場の音楽総監督、シュトゥットガルト・フィルの首席指揮者、シュトゥットガルト市の音楽総監督、バーゼル歌劇場の首席客演指揮者という錚々たるポジションを歴任し、2013/14シーズンからは、ドルトムント市の音楽総監督、ドルトムント・フィルの首席指揮者として活躍を続けるドイツ期待のマエストロ、ガブリエル・フェルツ。

注目は、マルクス・ハイランドがトーンマイスターを務める名レコーディング・プロダクション “TRITONUS” によるSACDハイブリッド・マルチチャンネル録音。

【TOWER RECORDS ONLINE】

クレモナの栄光 /ルッジェーロ・リッチ 、 レオン・ポンマース【LPレコード】

ステレオ初期の名盤、
ルッジェーロ・リッチの『クレモナの栄光』がLPレコードで復活!

Analogphonicはユニバーサル、ソニー、ワーナーといったメジャーレーベルのオリジナル音源をライセンスし、優秀な音質により180グラム重量盤LPをリリースしていることで知られています。当LPは米デッカのステレオ初期の名盤、ルッジェーロ・リッチ(1918~2012)が15のクレモナの名器を弾き分けた『クレモナの栄光』(1963年リリース)を、ユニバーサルミュージック所蔵のオリジナル・アナログ・マスターからエミール・ベルリナー・スタジオのライナー・マイヤールのマスタリング、ドイツ、パラス社による180gLP盤プレスで復活するものです。

【TOWER RECORDS ONLINE】

ベートーヴェン: 交響曲全集 (1960年代録音)/カラヤン【LPレコード】

ベートーヴェン生誕250周年記念!

カラヤン伝説の60年代ベートーヴェン・チクルスが通常版LPボックスとして再登場
ベートーヴェンの交響曲全集を4回も録音したカラヤンですが、ヤノヴィッツ等名歌手を従え、ベルリン・フィルとは初となった「第九」をはじめ、1960年代のこのチクルスはカラヤン自身にとってもエポック・メイキングなものでした。フランス・ディスク大賞受賞をはじめ、世界中で絶賛されたこの名盤。ドイツ・グラモフォン120周年を記念して、2018年にグレゴール・ヒルデブラントによる豪華装丁の1200セット限定盤LPボックスがリリースされましたが、今回ベートーヴェン生誕250周年にあたり、この8枚組LPセットが装丁も新たに入手しやすい価格になって通常版として再発売されます。
(ユニバーサル・ミュージック/IMS)

【TOWER RECORDS ONLINE】

ヘンデル: メサイア/ジョルディ・サヴァール【SACDハイブリッド】

サヴァールのメサイア!

サヴァールがメサイアを録音しました!そのやわらかな管弦楽の響きは見事。歌唱陣も素晴らしい歌声を聴かせてくれます。すべてが自然であたたかい風合いのメサイアとなっております。ソリスト陣も充実。スコットランド出身のレイチェル・レドモンド(ソプラノ)はクリスティ主宰の「声の庭」に選ばれた才能の持ち主。ダミアン・ギヨンはBCJでもおなじみの名手。ニコラス・マルロイはリヴァプール出身、ガーディナーとの共演も多いテノール。ミュンヘン出身のマティアス・ヴィンクフレルは1990年生まれ、2014年ザルツブルク・モーツァルト国際コンクールで第1位に輝いた若手注目株です。 (キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

グーセンス: 管弦楽作品集 Vol.3【SACDハイブリッド】

グーセンスの管弦楽作品集第3巻!
「幻想協奏曲」のソロはタスミン・リトル!

2008年に亡くなった故リチャード・ヒコックス(1948-2008)の忘れ形見の1つ、ユージン・グーセンス(1893-1962)の管弦楽作品集。ヒコックスが振った第1巻(CHSA 5068)は2009年にリリースされ、その録音プロジェクトを継承したアンドルー・デイヴィスによる第2巻(CHSA 5119)は2013年にリリースされていましたが、ついに第3巻のリリースが発売されます。(東京エムプラス )

【TOWER RECORDS ONLINE】

マーラー: 交響曲第9番 (クラウス・ジモン編曲アンサン ブル版/世界初録音)【SACDハイブリッド】

クラウス・ジモン編曲のアンサンブル版「マーラー9番」。
世界初録音となったアンサンブル・ミニ盤を日本語解説付きの仕様でリリース!
マリオ・ヘリングも参加!

ドイツのピアニスト&作曲家、クラウス・ジモンがアンサンブル版(室内管弦楽版)に編曲したマーラーの交響曲第9番。このバージョンの世界初録音となり、アコーディオンやピアノが加わったユニークな編成で話題を呼んだ”アンサンブル・ミニ”の録音を日本語解説付きの仕様で新装リリースいたします。(東京エムプラス)

【TOWER RECORDS ONLINE】

ヘンデル: 合奏協奏曲 Op.6より 第7番~第12番/ベルリン古楽アカデミー【SACDハイブリッド】

スタイリッシュな快演を披露!
名人集団ベルリン古楽アカデミーによる
ヘンデルのコンチェルト・グロッソより第7番から第12番

SACDハイブリッド盤。名人集団ベルリン古楽アカデミーがPENTATONEレーベルからリリースしたヘンデルの合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)Op.6より第1番から第6番(PTC 5186737 / KKC 6052)の続編第7番から第12番がリリースされます!(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集 [3SACD Hybrid+CD]【SACDハイブリッド】

ブルーノ・ワルター(1876-1961)がその晩年である1957年~61年にかけて残したステレオ録音は、この20世紀最大の巨匠指揮者による膨大なディスコグラフィの中でも最重要の演奏であり、その長い音楽活動のさまざまな経験と深い洞察とが結実した、文字通り録音の「世界遺産」ともいうべき名盤ぞろいです。
全ステレオ録音を作曲家別に体系的にリイッシューするワルター初の本格的ハイブリッド商品である当シリーズは、オリジナル・アナログ・3トラック・マスターから1998年以来21年ぶりに新規リミックス&リマスターを行ない、オリジナル・マスターに刻まれた個性的なサウンドそのままに蘇らせます。第5弾は、自在なニュアンス付けで知られる、ワルターが最も得意としたシューベルトの交響曲3曲の超名演に加えて、ドヴォルザークの有名交響曲2曲をカップリング。DISC4には77歳の誕生日を祝して制作された語り、80歳の誕生日を祝う、アメリカのクラシック業界の中心人物によるトリビュート・コメントが含まれています(日本未発売)を収録しています。

国内盤独自企画。音匠レーベルコード仕様。別冊解説書に語りのコメント訳掲載。通常ジュエルケースを厚紙製三方背ボックスに収容。4枚組

【TOWER RECORDS ONLINE】

Direct Cutting at King Sekiguchidai Studio /井筒香奈江【LPレコード】

キング関口台スタジオが誇る国内唯一・21世紀初のダイレクトカッティング時のまにまにシリーズでオーディオファン、ボーカルファンのミューズとなった井筒香奈江の最新作はその独自の世界観が鮮明に刻まれた究極のアナログ録音であるダイレクトカッティング盤で登場! (C)RS

【TOWER RECORDS ONLINE】

J.S.バッハ: 合唱曲大全集 [79SACD Hybrid+DVD]【SACDハイブリッド】

祝・バッハ・コレギウム・ジャパン創立30周年。
日本単独企画。
BCJのバッハ・合唱作品が
全点SACDハイブリッドでついに完成。
美麗豪華Boxで超お買い得完全限定盤!

SACDハイブリッド盤。完全限定生産。1995年に開始したバッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハの教会カンタータが18年を経て2013年に完結しました。さらに世俗カンタータも2018年に完結、日本の団体としては初のカンタータ大全集という偉業を成し遂げました。またバッハ・コレギウム・ジャパンは1990年創立のため、来る2020年は30周年にあたることもあります。それを記念してカンタータ全65枚をメインに、BCJによるバッハの合唱作品をすべて集めた日本独自の豪華ボックス・セットで発売致します。(キングインターナショナル )

【TOWER RECORDS ONLINE】

ヤン・アントニーン・ロジー: 黄金の音符 /ヤコブ・リンドベルイ【SACDハイブリッド】

リュートの名手ヤコブ・リンドベルイが奏でる
ヤン・アントニーン・ロジーの作品集

SACDハイブリッド盤。スウェーデンのリュート奏者、ヤコブ・リンドベルイは、ルネサンスとバロックを中心とするリュート音楽の分野で今日、もっとも幅広いレパートリーをもち、深い知性に支えられた情感豊かな音楽が高い評価を獲得、人気を集めてきました。ブリテンの《ジョン・ダウランドによる夜の曲》をリュートで演奏した『夜の曲 – ダウランドからブリテンまで』(BIS SA 2082)につづくアルバム。「ロジー伯爵」として知られるヤン・アントニーン・ロジーの作品から4つの組曲、《メヌエット》《シャコンヌ》が演奏されます。

「ロージンタール伯爵」ヤン・アントニーン・ロジー(c.1650-1721)(ヨハン・アントン・ロジー・フォン・ロージンタール)は、ボヘミアの貴族の家に生まれました。幼少のころアカツィウス・カジミル・ヒュルゼからリュートを教わり、興味が芽生えたと言われます。プラハのシャルル・フェルディナント大学で哲学を専攻。博士号を取得した後、ヨーロッパを旅して回りました。ロジーは、フランスとイタリアのリュート音楽を研究、ボヘミアでもっとも優れたリュート奏者、作曲家として名を馳せました。彼はドイツのリュート奏者ヴァイスにも影響を与えたと言われます。1721年にロジーがプラハで亡くなった後、ヴァイスは《ロジー伯爵の死を悼むトンボー》を書き、彼を追悼しています。リンドベリが『ヴァイス – リュート音楽 第2集』(BIS 1534)で演奏した作品です。ロジーは主に、舞曲による「組曲」を作曲。フランスの「自由奔放な様式(Style brise)」とイタリアの「カンタービレ」のスタイルを結合した、膨大で創造性の高い作品の手稿譜が、チェコをはじめとする各国のアーカイヴで保存されています。2018年9月、ノルテリエのレンナ教会での録音。リンドベリは、バロック期ドイツとフランスの音楽を演奏した『シクストゥス・ラウヴォルフのリュート』(BIS SA 2265)と同じ、1590年頃にアウグスブルクで製作された7コースあるいは8コースの楽器を弾いています。 (キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

バッハ:無伴奏チェロ組曲/アンナー・ビルスマ【SACDハイブリッド】

バロック・チェロの活動を長く続けてきたチェロ奏者、アンナー・ビルスマ氏が7月25日に逝去されました。享年85歳でした。ビルスマは1934年2月、オランダのハーグ生まれで、ハーグ音楽院で学び、59年にパブロ・カザルス国際チェロコンクールで第一位を獲得。62年からはオランダの名門オーケストラ、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席チェロ奏者を務めながらオリジナル楽器による演奏にも取り組み、グスタフ・レオンハルト(チェンバロ)、フランス・ブリュッヘン(フルート、リコーダー)らとともにオランダ発古楽運動の牽引者のひとりとして活躍しました。ビルスマ氏の業績を称え、代表劇名盤のバッハをSACDハイブリットでリリースいたします。ビルスマ第1回目のオリジナル楽器によるバッハの無伴奏チェロ組曲。バッハの無伴奏を「歌う」音楽ではなく「語る」音楽だとするビルスマの演奏は、驚くほど多種多様なニュアンスに満ちており、バッハの譜面上の数多くの暗示に対するかつてない豊かな表現となっています。世界各国で高い評価を受けたまさしく名盤中の名盤、世界初SACD化! (C)RS

【TOWER RECORDS ONLINE】

ベートーヴェン作品全集2020【CD】

2020年ベートーヴェン生誕250年記念、
ワーナークラシックの名盤による超お買い得作品全集BOX

ベートーヴェンは、1770年12月17日に洗礼を受けました。このワーナークラシックスからの「ベートーヴェン作品全集」は、生誕250年記念してお贈りするもので、芸術的、学術的にも世界的に高い評価を得ている「ドビュッシー全集」「ベルリオーズ全集」に続く特別企画で、価値ある素晴らしい演奏を特別価格でご提供いたします。(ワーナーミュージック・ジャパン )

【TOWER RECORDS ONLINE】

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲) /トーマス・ツェートマイアー【CD】

現代を代表するヴァイオリニストの一人であるトーマス・ツェートマイアーが約40年ぶりにバッハのヴァイオリン・レパートリーの金字塔、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータを再録音しました。今作ではピリオド楽器を使用し、究極のテクニックで知的かつ鮮やかな演奏を聴かせます。音楽に深く深く入り込むと同時に、ツェートマイアーならではの唯一無二の演奏が刻まれています。
アルバムは聖ゲロルド教会で録音され、トーマス・ツェートマイアーとピーター・ギュルケによるドイツ語のライナーノートとポール・グリフィスによる英語の翻訳を含む36ページのブックレットが入った2枚組CDです。
(ユニバーサル・ミュージック/IMS )

【TOWER RECORDS ONLINE】

バッハ一族のフルート音楽集/バルトルド・クイケン【CD】

クイケン3兄弟の一人として古楽復興に多大なる貢献をしてきた大御所バルトルド・クイケンがこれまでにACCENTレーベルに録音した、バッハと息子たちのフルート作品集を集成した8枚組ボックス。王道のソナタからマニアックな楽曲まで幅広く収録しており、バルトルドのトラヴェルソの妙技をたっぷりとご堪能いただけます。デマイヤーらおなじみの共演者たちとの見事なアンサンブルも大きな魅力です。 (キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

ヴェルサイユ旧王室礼拝堂の大オルガン /トン・コープマン【CD】

【自在にして周到。300年前のフランス王室のオルガンで、コープマンが聴かせる新境地】
ヴェルサイユ宮殿という歴史的建造物にある芸術的遺産は数知れず存在しますが、なかでも注目に値するのが旧体制時代にフランス王室が宗教儀式に使っていた礼拝堂のオルガン。ロベール・クリコとその一族によって調えられてきたこの楽器は19世紀以降、カヴァイエ=コルやゴンザレーといった近代の名建造家たちによってロマン派型に改築されてきましたが、1994~95年に設置時のフランス古典型に復元されています。ロマン派型のオルガンにも確かな歴史的存在意義があり、その状態で残されている楽器も多いフランスにあって、クリコが王室のために手がけた楽器の響きを味わえるのはきわめて貴重なことです。

【TOWER RECORDS ONLINE】

ブルーノ・ワルター ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション【CD】

フルトヴェングラー、トスカニーニと並び、20世紀最大の指揮者と賞されるブルーノ・ワルター。ナチズムの蔓延するヨーロッパを離れ、アメリカに亡命したワルターが、1941年から亡くなる前年の1961年までアメリカのコロンビア・レコード(現ソニー・クラシカル)に残したすべての録音をCD77枚にまとめたボックスセットです。これはまた、現社長ボグダン・ロスチッチのもとでソニー・クラシカルが新たな組織として出発してから10年という節目となる今年、「ソニー・クラシカル再生10周年」を記念してのリリースでもあります。

【TOWER RECORDS ONLINE】