MYUtakasaki

kk
今月の変態ソフト選手権!

平野一郎: ≪四季の四部作≫春 夏 秋 冬

平野一郎: ≪四季の四部作≫春 夏 秋 冬
第23回 今月の変態ソフト選手権!で紹介
オーディオ超絶音源探検隊 第1位選出
圧倒的なダイナミックレンジの広さは、再生が難しい!

歌唱、特殊発声、ボディ・パーカッションによる極限の「うた」
奏者の身体を依代として
巡る季節に鳴り響く万象の声を辿る旅

豊かな音場、演奏者の息遣いをとらえた優秀録音で人気のワオンレコードより、2018年新録音の登場。ソプラノ歌手、吉川真澄の委嘱による、平野一郎作曲の、無伴奏女声独唱のための≪四季の四部作≫―「春の歌」「夏の歌」「秋の歌」「冬の歌」です。奏者の身体をいわば依代【よりしろ】として、自然に満ちる声や音が、奏者の声やボディ・ランゲージなどで再現されていく、特殊発声やボディ・パーカッションを含む表現の可能性を極限まで追求する作品です。2015年、この作品の全曲初上演を軸とする〈DUO うたほぎリサイタル~春夏秋冬〉公演は、サントリー芸術財団より佐治敬三賞を受賞しました。―「これらの作品は、季節の自然にみちる声音を特殊発声やボディ・ランゲージをも用いる無伴奏声楽曲としたものであるが、どの曲も原初への独創的な探求を踏まえており、太古の霊的な響きがいま呼び覚まされるような趣がある。吉川はその襞に深く入りこみ、巫女のようなひたむきさでその霊性を表現して、会場を一種宗教的な感動に包んだ。」(佐治敬三賞・贈賞理由)―2017年4月、京都御所近くの能楽堂、嘉祥閣にてレコーディングが行われました。生演奏(舞台上演)が前提である、ボディ・ランゲージなども多用された作品が、ワオンレコードのすぐれた録音技術でどのようにとらえられているかも注目です。(キングインターナショナル)

カメルーンのオペラ

カメルーンのオペラ[未発表4部分を含む]
長岡鉄男の外盤A級セレクション No.92
今月の変態ソフト選手権!他
LPレコードは長岡鉄男先生の試聴用ソフト
もう聴くことができないと思われていた幻の「カメルーンのオペラ」がSACDで登場。
長岡鉄男氏激賞の超A級録音がますますパワーアップ!SACDハイブリッド盤。オーディオの神様・長岡鉄男氏が今から30年以上前に口を極めて激賞したことでヒットした「カメルーンのオペラ」。長岡先生ご本人をはじめファンからの強い要望にもかかわらず、発売元のOcoraレーベルは「原盤不明」との理由でCD化することもなく、幻のディスクとして語り継がれ、中古LPが高額で取引きされていました。
今回、ina(フランス国立視聴覚研究所)で音源の存在を発見、ライセンスで初CD化それもSACDハイブリッドで蘇らせることが実現できました。オリジナル・マスターから96kHz.24bitリマスタリング。さらに嬉しいのは、LPに未収録だった4トラックが加えられていること。
「カメルーンのオペラ」はドキュメンタリー作家ジョゼ・ピヴァンが中心となり、フランス国営放送、ラジオ・カメルーンの協力を得て製作した録音構成で、カメルーンの自然と素朴な人々の日常を切り取りながら、壮大なオペラのようなストーリーを描きます。
フィールド録音ながら音質は超A級。一面の虫と鳥の声、川の流れがあたかも眼前にあるかのように繰り広げられます。圧巻は舟での川下りで、岸辺で遊ぶ子供たちやガボガボという水音とともに顔を出して鳴くカバはリアルの極み。鼻先をかすめて飛ぶアブを思わず避けてしまいます。
LPに収録されていない4部分も興味津々。ことに物凄い荒れ狂う海の音で終わる最後の部分は恐怖感満点。家にいながらにしてアフリカ旅行を満喫できます。(キングインターナショナル)

今月の変態ソフト選手権!今月の一番 風鈴と自然の音 屋久島/火箸風鈴の音

昨日、NHK(先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)で火箸風鈴が紹介されていた。

今月の変態ソフト選手権!今月の一番 風鈴と自然の音 屋久島の25トラックに火箸風鈴の音があり、炭山さんと24bit/192KHzと24bit/44.1KHZ

で編集した音の聴き分けできるかテストしてみました。

本文でも「サインウェーブでは聴き取れなくても、音楽では聴きとれる超高域」と紹介。

私も10KHz以上は聴き難いが、余韻や音色の違いは判る。

オーディオを楽しんでいる人は、聴く力(聴力)があるのではないかと思う。

逆に若い人たちは聴覚は優れている。しかし音楽は聴いても音を聴いている?

聴力があるか心配である。(最近の若し人たちは、味覚に鈍感であると言われている)

風鈴と自然の音 屋久島のせせらぎ 波の音 四万十川のひぐらし 心が安らぐ和みの音 涼を感じるヒーリングサウンド – ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

stereo誌 2022年10月号 今月の変態ソフト選手権!今月の一番 風鈴と自然の音 屋久島

風鈴と自然の音 屋久島のせせらぎ 波の音 四万十川のひぐらし 心が安らぐ和みの音 涼を感じるヒーリングサウンド

様々な種類の風鈴の音と屋久島-苔むす森のせせらぎの音や波の音、四万十川のひぐらしなどを合わせた音源集です。人の可聴域を遥かに超える100kHzまで録音できる超広帯域マイクロホンCO-100kを使用し、192kHz24bitサンプリングで収録しています。また、フェードイン/アウト加工は施しておりませんので、特定の1曲をリピート再生しても違和感が少なくなっております。気分に合わせてココロとカラダのリラックスやメンテナンスにお楽しみください。 なお、本音源の原盤権・著作隣接権は私どもが保有しており、許可なく2次利用や商用利用することは禁じております。
【風鈴と自然の音 屋久島のせせらぎ 波の音 四万十川のひぐらし 心が安らぐ和みの音 涼を感じるヒーリングサウンド/モントリブロ自然音ラボ/ハイレゾ】

stereo誌 2022年10月号 今月の変態ソフト選手権! 「想いの届く日」

「想いの届く日」
波多野睦美の「ソネット」レーベル第7弾!
バンドネオンの北村聡とコントラバスの田辺和弘を迎えたピアソラ ガルデル パーセル 時を飛ぶバンドネオンと声の共演!
呼吸する楽器 バンドネオン 声と楽器の 2つの息づかいがあらゆるボーダーを超える波多野睦美自身のレーベル「ソネット」の7枚目のアルバム「想いの届く日」El dia que me quieras。今回は日本屈指のバンドネオン奏者北村 聡との共演。
そしてクラシック、アルゼンチンタンゴ、即興演奏などで活動するコントラバス奏者田辺和弘も参加するという、なんともボーダレスな内容となっています。収録曲は、パーセル《ソリチュード》、カルロス・ガルデル《想いの届く日》、リチャード・ロジャーズ《私のお気に入り》、アストル・ピアソラ《オブリビオン》、アリエル・ラミレス《アルフォンシーナと海》、ホセ・ラカジェ《アマポーラ》、フランシス・プーランク《愛の小径》など、これまで波多野自身が好んで歌ってきた楽曲を、バンドネオンとのアレンジで新たな魅力たっぷりにお届けします。(キングインターナショナル)

stereo誌 2022年10月号 今月の変態ソフト選手権! リーム: チェロ作品集

リーム: チェロ作品集

70歳を迎えた現代音楽界の雄
ヴォルフガング・リームのチェロ作品集

2022年3月13日に70歳の誕生日を迎えた現代音楽界の雄・ヴォルフガング・リームによるチェロ作品集。1歳年上のチェリストで、アンサンブル・モデルンの首席奏者などとして活躍を重ねてきたフリードリヒ・ガウヴェルキによる演奏です。
2人は1968年にエアランゲンで開かれた若い音楽家のためのコンクールで出会った旧知の仲。リーム作品を知り尽くした奏者による、極めてパーソナルなオマージュ演奏。世界初録音を含む内容です。(キングインターナショナル)

【TOWER RECORDS ONLINE】

stereo誌 2022.9月号 今月の変態ソフト選手権! 今月の一番!/オンドレイ・アダーメク作品集

Musica Viva Vol.38 – オンドレイ・アダーメク作品集
1979年、プラハ出身の作曲家オンドレイ・アダーメク。チェコとパリで学び、指揮者として活躍する傍ら、オーケストラから室内楽、歌、エレクトロアコースティックなど多彩なジャンルの作品を発表。権威ある賞も数多く受賞しています。彼の作品には声と動作、身
振りや演劇性が組み合わされており、時には特別に開発した楽器を用いることで、作品に独自性が与えられています。
このアルバムには世界初演となる2つの作品を収録。メゾ・ソプラノとオーケストラのための「WHERE ARE YOU?」は「人間はどこから来てどこへ行くのか」の問いを探求、マグダレーナ・コジェナー、サイモン・ラトルのビッグ・スターが演奏を担当しています。11部で構成された35分の作品には、エキサイティングなオーケストラのサウンドをバックに語りを交えたリズミカルな歌が披露されます。イザベル・ファウストがソリストを務める「Follow me」では中世後期のホケット技法(複数の奏者がそれぞれ単独で発する言葉が繋がり、一つのリズムやメロディーを形成してゆく奏法))に沿って、ソリストとオーケストラの間でメロディが分割されていくというもの。印象的な冒頭のソロの旋律が少しずつ形を変えながらオーケストラ全体に広がっていく不思議な音楽です。(ナクソス・ジャパン)

stereo誌 2022.9月号 今月の変態ソフト選手権!/ナザレーノ~バーンスタイン、ストラヴィンスキー、ゴリホフ

ナザレーノ~バーンスタイン、ストラヴィンスキー、ゴリホフ
ラトル&LSOのリズム炸裂!
バーンスタイン、ストラヴィンスキー、ゴリホフ作品集!
エボニー協奏曲ソロはLSO首席クリス・リチャーズ
カティア&マリエル・ラベック姉妹も登場ラトル指揮LSOという最強の組み合わせで、バーンスタイン、ストラヴィンスキー、そしてグラミー作曲家のゴリホフ作品をお楽しみいただきます。ラトルがLSO音楽監督に就任したのが2017-18シーズン。2018年12月の録音で、就任間もない頃の演奏ですが、すでにラトルとオケの相性はこれ以上ないくらいにぴったり。クラシックとジャズの融合を寿ぐようなプログラムですが、クールな表情、突き刺すようなリズムは完璧。世界最高峰のオーケストラによる豪華演奏です!

【TOWER RECORDS ONLINE】