MYUtakasaki

kk
ステレオディスクコレクション

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/イタリア古楽花伝

イタリア古楽花伝
チェンバロのための初期レパートリー。G.フレスコバルディ、B.パスクイーニ、A.スカルラッティは言葉と情感を表現する音楽をチェンバロ演奏を通して残した。その楽譜に向かい合う演奏者に求められていたのは、台本を解釈し演じる役者であることだった。本場イタリアで学んだ辻文栄のファースト・アルバム。 (C)RS

【TOWER RECORDS ONLINE】

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/メランコリック・ルージュ

メランコリック・ルージュ

2020年、コロナでNYから緊急帰国したピアニスト・松岡杏奈。待望の2ndアルバムが遂に完成!クラシックもジャズも専門的に学び、自身の経験を全て詰め込んだオリジナル曲で新しいジャズの風を。

2020年に帰国し、同年に若手ジャズミュージシャンの登竜門である第7回ちぐさ賞にてグランプリを獲得。華々しく1st アルバムデビューを飾った。それから約1年半、そろそろ次を、というタイミングで2ndアルバム制作のお話を有り難くも頂いた。

1st でスタンダード曲よりオリジナル曲が好評を得た事を踏まえ、全曲オリジナル、王道のピアノトリオという編成で真っ向から挑んだ。美しくもスリリング、キャッチーさを忘れないながらも芸術的な楽曲を目指した。今回のアルバムの為に、全曲書き下ろした最新の作品である。自分の深い部分と向き合い、ゼロから創り出していく作業は決して楽なものでは無いが、全て思い入れのある大切な楽曲が生み出されたと思う。

今回のアルバムをきっかけに、自身のピアノトリオも正式に結成。松岡杏奈(Pf)、木村俊介(B)、北川類(Ds) というメンバーで、それぞれの感性がお互いを刺激し合い、全員でサウンドを創っていくトリオだと思う。演奏中のコミュニケーションや絡みを是非聴いて頂きたい。最後に、この様な機会を与えて下さったティートックレコーズ金野貴明氏、スタッフの皆様、いつも応援してくださるお客様に感謝致します。このアルバムが、少しでも皆様の希望や勇気となります様に。(アーティストより)(発売・販売元 提供資料 )

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ピアソラ スタンダード&ビヨンド

ピアソラ スタンダード&ビヨンド
ピアソライヤーの最後を飾る真打登場!
三浦一馬の下、各楽器の名手が集い、ピアソラの精神を新たな時代へ繋ぐ2021年のピアソラ生誕100年、そして22年の没後30年と、2年続いたピアソライヤーの最後に、ピアソラファンへの最高の贈り物となるアルバムが誕生しました。
ピアソラの流れを汲むバンドネオンの巨匠ネストル・マルコーニの薫陶を受け、2008年には、第33回アストル・ピアソラ国際コンクールで、日本人初、史上最年少で準優勝を果たした三浦一馬は、ピアソラの音楽を様々な編成で追究する一方、バッハなどのクラシックの奏法も研究を重ね、現代のコンサートホールでのピアソラの表現を突き詰めてきました。
そんな中でも、中核となる編成が、ピアソラにおいても中心となっていた「五重奏団Quinteto」であり、三浦一馬が、日本のクラシックの第一線で活躍するメンバーを集め、10年以上コンサートを重ねてきた盟友たちです。
残されたピアソラのオリジナルスコアや録音を研究し、各楽器のバランスなど、試行錯誤を重ね、ピアソラの世界を現代のコンサートホールで最もよく伝えるため、極力オリジナルを尊重しつつ工夫を凝らして練り上げてきたレパートリーは、膨大な数に上ります。
今回の録音は、その中で、まさにスタンダードといえる名曲と、ピアソラの革新的な要素を含み、これからより演奏されて欲しい作品を組み合わせた、ピアソライヤーの最後に相応しい、新たなるスタンダードともいえるアルバムです。(発売・販売元 提供資料 )

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ハンガリー狂詩曲 ヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾの世界 Vol.2 ザイツ&サン=サーンス

ハンガリー狂詩曲 ヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾの世界 Vol.2 ザイツ&サン=サーンス
学生協奏曲で有名なザイツによる知られざる名曲「ハンガリー狂詩曲」本邦初録音!ヴァイオリンの魅力、華やかなヴィルトゥオーゾに満ちたシリーズ第2弾。 (C)RS

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/スザート組曲

スザート組曲

Bachトロンボーンを愛する6人が奏でる、最高の響き

東京都交響楽団 前・首席トロンボーン奏者 小田桐寛之を中心に、日本を代表する各オーケストラで活躍中のトロンボーン奏者6名によって結成されたバックボーン・ジャパン(Bachbone Japan)。
その名の通りメンバー全員がバック(Vincent Bach)のトロンボーンを使用するこのアンサンブルは、2019年10月の結成記念コンサートを皮切りに、コロナ禍でのライヴ配信など積極的に活動を続けています。
幅広い世代から構成された、まるで家族のようなアットホームな六重奏。全員が同メーカーの楽器を愛用してきたアドバンテージもフルに活かし、暖かく一体感に富む演奏から切れ味鋭い圧倒的なサウンドまで、変幻自在なパフォーマンスを展開しています。
トロンボーン・アンサンブルの理想郷がここにあります。(フォンテック)

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/シューベルト: ピアノ・ソナタ第18番

シューベルト: ピアノ・ソナタ第18番

壮麗なるピアニズム。矢島愛子が奏でるシューベルト、フランク、バッハの美しい調べ。

数多くのコンクールで入賞歴を持ち、早くから実力派ピアニストとして知られる矢島愛子の最新アルバムです。シューベルトの「幻想ソナタ」とも呼ばれるソナタ第18番から始まり、フランクの魅力が凝縮された「前奏曲、コラールとフーガ」、厳かでピアノの華麗さが披露されるバッハ/ブゾーニ「シャコンヌ」。矢島愛子の洗練された壮美たるピアニズムで、流麗にこれらの作品を描いていきます。繊細なタッチで磨かれた美しい音粒。ダイナミックな音楽性。矢島愛子が奏でる美しさが際立つ名曲3作品をお聴き下さい。(発売・販売元 提供資料)

stereo誌 2023.02月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集 [5Blu-spec CD2+Blu-ray Disc]<完全生産限定盤>

ソニークラシカルとワールドワイド契約 全世界デビュー・アルバム!

チャイコフスキー国際コンクールで第2位を受賞、ソニークラシカルとの専属ワールドワイド契約を結んだ若きピアニストは藤田真央の全世界デビュー・アルバム。2021年のヴェルビエ音楽祭(スイス)でも絶賛され、録音が待ち望まれていたモーツァルトのピアノ・ソナタ全集(CD5枚組)です。
モーツァルトのピアノ・ソナタは確かな演奏技術が必用なのは勿論、ピアノの音そのものの美しさ、音楽の様式美や想像力が極限まで要求される作品群で、アルバムの世界デビュー作がモーツァルトのピアノ・ソナタ全集ということ自体が、藤田真央が卓越した演奏力をもち、若くして既に芸術家として極めて高い境地にあることを証明していると言えるでしょう。
(ソニー・ミュージック)

Barney And Tete : Grenoble ’88

Barney And Tete : Grenoble ’88
バルネ・ウィランwithテテ・モントリュー、グルノーブル1988
2人のジャズジャイアンツ、唯一残る未発表ライヴを作品化!バルネ・ウィランとテテ・モントリュー、2人のジャズ・ジャイアンツによる未発表ライヴ盤!
1988年2月12日フランス・グルノーブルで行われたバルネ・ウィランとテテ・モントリューの唯一残る未発表ライヴを作品化!
ワンホーンで数々のスタンダードを浪漫あふれる演奏で奏でた記録。ライナーノーツに加え、初公開となるパフォーマンスの模様を収めた写真入り!です。(発売・販売元 提供資料 )

stereo誌 2023.01月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン

アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン
前作の『スムース・オペレーター』に続く新作はマイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、ジョージ・ベンソン等のブラック・コンテンポラリーの名曲がアーロン・ヘイクのアルト・サックスでさらにセクシーに吠えるソウルフルなジャズに変貌。 (C)RS

【TOWER RECORDS ONLINE】