MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk
メンデルスゾーン: 交響曲第2 番「賛歌」op.52 (1840) [SACD Hybrid+Blu-ray Audio]

メンデルスゾーン: 交響曲第2 番「賛歌」op.52 (1840) [SACD Hybrid+Blu-ray Audio]

サー・ジョン・エリオット・ガーディナーがロンドン響を指揮するメンデルスゾーン・シリーズの完結編。第2交響曲は1840年6月、活版印刷術の発明者グーテンベルク400年記念祭のために作曲され、バッハゆかりのトーマス教会で一連の行事を締めくくる演奏会で初演されました。3楽章のシンフォニア(交響曲)と、続く9曲のカンタータ部分から成る、演奏時間約70分の大曲です。トロンボーンが奏でる勝利的な主題で幕を開ける3楽章構成のシンフォニアで始まり、合唱を中心としたカンタータ部分へと続きます。カンタータ部の第7曲コラールの冒頭、八声部無伴奏合唱で演奏されるルター派のコラール「今やみなは心と口と手をもって」は非常に印象的で(バッハもこのコラールを用いてカンタータBWV9、192を書いています)、管弦楽が加わってますます世界は広がっていきます。終曲は大規模な合唱フーガで、冒頭に現れる勝利的な主題が高らかに奏でられるなか、感動的なフィナーレを迎えます。なお、本シリーズには従来のSACD Hybridディスクに加えて、同一の演奏内容を収録したブルーレイ・ディスク・オーディオが同梱されます。お手持ちのブルーレイ・ディスク・プレーヤーで手軽に楽しめるハイスペックのフォーマットへの対応はオーディオ・ファイルから大好評です。
(キングインターナショナル)

タワーレコードで購入

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です