MYUtakasaki

kk
ステレオディスクコレクション

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ストラヴィンスキー: 火の鳥、ミューズを率いるアポロ

ストラヴィンスキー: 火の鳥、ミューズを率いるアポロ
ルクセンブルク・フィルの透明な響きが冴える
ヒメノが作品の美しさを見事に引きだしたストラヴィンスキー2作ヒメノとルクセンブルク・フィルによるストラヴィンスキーの登場。すでにこのコンビには、「春の祭典」「カルタ遊び」「アゴン」を収めたストラヴィンスキーのアルバム(PTC-5186650/KKC-6011)があり、高く評価されただけにこちらもまた注目のリリースといえましょう。
プログラムは≪火の鳥≫と≪ミューズを率いるアポロ≫。1910年から、ディアギレフの死の年1929年までの間に、バレエ・リュスは、ストラヴィンスキーの音楽によるバレエ作品を12作上演しましたが、その第1作が≪火の鳥≫そして最後が≪ミューズを率いるアポロ≫でした(もともとは≪ミューズ≫は他の目的で作曲され、のちにバレエ・リュスでも用いられた)。≪火の鳥≫のポストロマン派的な幻惑的な世界では、ヒメノはオーケストラをミステリアスにならしています。
≪ミューズを率いるアポロ≫(1928)では、新古典主義的なエレガンス全開。「ミューズ」のストーリーは、様式美と理想的な美の象徴であるアポロが誕生するところから、アポロが成長し、ミューズたちの先頭に立ってパルナッソスに入城する、といったシンプルなものながら、ヴァイオリン・ソロが活躍する楽曲もあったり、音楽的にはたのしめるものです。ヒメノは、オーケストラを室内楽的かつ自由に響かせています。ヒメノとオーケストラの間のあつき信頼関係が感じられる演奏となっております。(キングインターナショナル)

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/モーツァルト: 歌劇「後宮からの逃走」全曲

モーツァルト: 歌劇「後宮からの逃走」全曲<タワーレコード限定>

スウィトナー生誕100年企画。
初のオペラ録音となった「後宮」を初SACD化。
1961年のステレオ録音。柔和な美しい音質も必聴!
アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトでDSD化!
本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第24弾

定評あるスウィトナー(1922.5.16-2010.1.8)のモーツァルト録音の中でも、自身初のオペラ録音(セッション)となった名盤「後宮からの逃走」全曲を初SACD化として復刻しました。1961年のステレオ録音であり、記念すべきアルバムです。1960年にドレスデン歌劇場およびシュターツカペレ・ドレスデンの音楽総監督兼首席指揮者に就任してから翌年の録音であるにもかかわらず、既にその後のスウィトナーの特徴のひとつである音楽の自然な流れが随所に感じられ、余裕をも感じさせる演奏となっているのは見事です。収録時39歳の若さながらも、ほぼ同年代の主要歌手陣と共に伝統あるオーケストラから極上の響きを引き出す手腕は既にあり、初めてのオペラ録音であるとは思えない出来で落ち着きさえ感じられます。主にベルリン国立歌劇場で活躍していたコンスタンツェ役のユッタ・ヴルピウスの精緻な歌唱も素晴らしく、この録音に華を添えています。音質はETERNAのステレオ初期録音とはいえしっかりしており、今回の最新復刻でも古さを感じさせません。堅実な録音はエンジニアのC.シュトリューベンによるところも大きく、60年以上経った現代においてもその音質が明瞭に保たれているのは凄いことです。尚、この録音では歌と語りが別キャストとなっています(解説書内に欧文で表示)。

今回の復刻に際して、マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真もカラーで掲載してあります。(タワーレコード)

 

【TOWER RECORDS ONLINE】

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/シベリウス:交響曲第2番&第5番

シベリウス:交響曲第2番&第5番 [UHQCD x MQA-CD]
クラシック界の新時代の幕開けを象徴する、26歳のマエストロ、クラウス・マケラ。
10月の再来日に向けた日本限定来日記念盤!クラシック界に衝撃を与えた26歳の指揮者、クラウス・マケラの来日記念盤!今年3月にクラシックの名門レーベルDeccaがリッカルド・シャイー以来40年ぶりにサイニングした指揮者として話題を集め、その際にリリースしたデビュー作、『シベリウス:交響曲全集』から、交響曲第2番と第5番をカップリングしたアルバムを日本限定でリリースします。クラウス・マケラは1996年フィンランド生まれの26歳。12歳からシベリウス・アカデミーにてチェロと指揮を学び、若くしてスウェーデン放送交響楽団の首席客指揮者に就任したほか、これまでにフィンランド放送響、ヘルシンキ・フィル、ライプツィヒ放送響など、世界の一流オーケストラと共演し、いずれも高い評価を得て「数十年に一度の天才指揮者の登場」とも評される大成功を収めています。
2020年、24歳の若さでノルウェーのオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任、翌2021年のシーズンからは、名門パリ管弦楽団の音楽監督にも就任しました。先日、楽団員の投票により、2027年から10年契約でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者に就任することが発表され、クラシック界の新時代を象徴するニュースで大きな話題を集めました。
(ニバーサル・ミュージック)

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ブルックナー: 交響曲第9番

ブルックナー: 交響曲第9番

イヴァン・フィッシャーとブダペスト祝祭管によるブルックナー第9!

2012年に録音された交響曲第7番以来の、イヴァン・フィッシャーとブダペスト祝祭管弦楽団によるブルックナーに第9番が登場。
ブルックナーがこの作品の第3楽章を書き上げた時に70歳だったことから、「自分が70歳の誕生日を迎えるまでこの作品は録音しない」と決めていたというフィッシャー。2021年1月に70歳を迎え、満を持してこの大作に臨みました。彼は過去に試みられた様々な補筆完成の動きに敬意を表しながらも、「第3楽章終結の、終わりなく続くかと思われるホルンの音はあたかも作曲者の最後の息のようだし、もうこれ以上語ることは無いと感じさせる」として、3つの楽章で作品は完結していると解釈。ブルックナー自身がこの作品の総譜に書き込んだ「わが愛する神に」という献辞に引っかけ、この録音を「わが愛するブルックナーに捧げる」と、深い思い入れを語っています。演奏の方は、緩急織り交ぜたメリハリのあるテンポ設定に加え、管と弦との対比を鮮明にどのパートも大きな表現を伴ってよく歌わせており、結果ヴァイオリンの両翼配置も効果的なものとなって、ダイナミックでありながら雄大な美しさを湛えた、たいへん聴き応えのある仕上がりとなっております。これらを最大限楽しむことの出来るSACDハイブリッドでの発売も嬉しいところ。彼らの大作録音を心待ちしていたファンの期待に大いに応えるアルバムといえるでしょう。

国内仕様盤日本語解説…石原勇太郎(ナクソス・ジャパン)

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ヴィヴァルディとボッテジーニ – 「ドッピオ・エスプレシーヴォ」

ヴィヴァルディとボッテジーニ – 「ドッピオ・エスプレシーヴォ」
コントラバスの新たな魅力を発揮!
ヴィヴァルディとボッテジーニの作品をコントラバスと室内オーケストラの演奏で堪能!SACDハイブリッド盤。名コントラバス奏者、リック・ストーティンがイタリアの作曲家ヴィヴァルディとボッテジーニに焦点を当てたアルバムをリリース!
「コントラバスのパガニーニ」の異名をとったジョヴァンニ・ボッテジーニ(1821-1889)。ストーティンは常々ヴィヴァルディとボッテジーニが同時代に生まれていれば、技巧的で魅力的なコントラバス協奏曲を沢山書いていただろうと確信しており、このアルバムのコンセプトが生まれました。
共演はカメラータRCOとブラム・ファン・サムベークらオランダの名手が揃いました。ストーティンの演奏は何といってもその美しさが魅力。これまでもコントラバス=通奏低音というイメージを一新してきた彼でしかできない唯一無二の世界が広がります。アンサンブルに長けた名人たちの演奏でお楽しみください。(キングインターナショナル)

stereo誌 2022.12月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/ロト&レ・シエクルのマーラー: 交響曲第4番

ロト&レ・シエクルのマーラー: 交響曲第4番
「巨人」に次ぐロト&レ・シエクルのマーラー第2弾は4番!
不思議な輝きがまったく初めて聴くかのよう!!ロトとレ・シエクルがマーラーの交響曲第4番のピリオド楽器演奏に挑みました。第1番「巨人」は同じ組合せで、第5番と3番はケルン・ギュルツェニヒ
管弦楽団と録音し絶賛されましたが、シエクル向きと思われる4番も期待が高まります。
マーラーの交響曲第4番はまさに20世紀の夜明け1901年11月25日に初演されました。大規模な第2、3番の後、伝統的な4楽章構成に復帰したかのような古典的なたたずまいで、マーラー作品中では明るく親しみやすいとされています。
レ・シエクルは「巨人」の時と同様に作品が作られた頃のピリオド楽器を用いています。ピリオド奏法基本で、死神が弾くのをイメージした第2楽章のヴァイオリン・ソロもノン・ヴィブラートで繰り広げられるのが新鮮。また随所で響くハープの低音の効果にも驚かされます。
終楽章でソプラノ独唱を担うのはサビーヌ・ドゥヴィエル。ラファエル・ピジョンの夫人で、ロト&シエクルともメサジェの「お菊さん」のアリアなどを録音したアルバムをリリースしていて息もピッタリ。明るい声質のノン・ヴィブラートで清らかに天上の生活を歌いながら、どこか残酷で怖い感覚が背後から迫り、一気に最晩年の「大地の歌」へつながる世界に気づかせてくれるかのようです。
ロトはやや速めのテンポで生気に満ち、何よりオーケストラの透明な音色が魅力。マーラーの4番観が完全に覆される衝撃的な演奏で、一見明暗の対照的な第5番との相似性を示してくれます。2021年11月のセッション録音で、強奏部でも豊かに響く音質も極上。超注目盤の登場です!(キングインターナショナル)

stereo誌 2022.11月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/バルトーク:管弦楽のための協奏曲 他

バルトーク:管弦楽のための協奏曲、舞踏組曲、弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮) シカゴ交響楽団

本拠地オーケストラ・ホール録音への復帰第1弾

残響感が少なくショルティの音楽作りの肝である明晰な立体感を表現するのに適したオーケストラ・ホールでの復帰第1弾となった記念碑的な録音。

BARTÓK Concerto for Orchestra, etc. | 製品トップ | エソテリック:日本のハイエンドオーディオメーカー | ESOTERIC| | 製品トップ | エソテリック:日本のハイエンドオーディオメーカー | ESOTERIC

 

 

 

stereo誌 2022.11月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/フィフス・アベニュー

フィフス・アベニュー

協和と不協和、即興と記譜、アコースティックとエレクトリック、その狭間を漂うサウンド。寺屋ナオ、5枚目にして初のトリオレコーディング。

ジャズギタリスト寺屋ナオ、5枚目のリーダーアルバム発売!

山本裕之(bass) と大井澄東(drums) のお二人とのトリオ結成から10年以上が経ち、すでに2枚のCDをレコーディングしているこのトリオ。今回、初めて3人だけでスタジオ入りしました。長きに渡ってライブ活動を続けたトリオの息の合ったインプロヴィゼーション。そしてライブ活動を続けながら練り上げた作曲、アレンジをお楽しみください。
協和と不協和、即興と記譜、アコースティックとエレクトリック、その狭間を漂うサウンド。既存のジャズギタートリオとは違う体験を皆さんに。
192KHz / 32bit 高解像度レコーディング。(発売・販売元 提供資料)

stereo誌 2022.11月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/火の鳥 (全曲版) 他

火の鳥 (全曲版) 他

N響から圧倒的な熱量を引き出し、音の饗宴を繰り広げる

NHK交響楽団との組み合わせで、南北アメリカを中心とした作品を録音した2枚のアルバムをリリースした原田慶太楼が、アメリカものと並んで得意とするロシアものを取り上げました。ストラヴィンスキーの3大バレエのひとつ「火の鳥」ですが、よく演奏される組曲版ではなく、1910年に初演された全曲版を取り上げ、より物語性を重視しています。
全曲版は、ブーレーズ/ニューヨーク・フィル、小澤/パリ管、ゲルギエフ/マリンスキー歌劇場管、デュトワ/モントリオール響などの録音が有名ですが、今回の原田/N響による演奏は、近年のN響の勢いを感じさせる、卓越した演奏力とエネルギーが感じられる名演となりました。
東京芸術劇場の余裕のあるアコースティックも相まって、オーケストラの優秀録音として、オーディオファンにも楽しんでいただける作品となっています。
発売・販売元 提供資料

【TOWER RECORDS ONLINE】

stereo誌 2022.11月号 ステレオディスクコレクション 今月の優秀録音/Air

Air
第1回・第2回日本バスクラリネットコンクール高校生部門第一位。バスクラに明け暮れた青春時代を経て、現在は航空自衛隊航空中央音楽隊に在籍する小和田芽愛が、ミディアムからスローテンポのメロディアスな名作を集め、確かな表現力によってソロ楽器としてのバスクラの魅力を存分に引き出したデビューアルバム。叙情的な語り口をピアノの高橋亜侑美が好サポート。 (C)RS