MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk
ブルックナー: 交響曲全集(0-9番)、アダージョ第2番、「朝比奈隆ブルックナーを語る」<タワーレコード限定/限定盤> 【SACD】

ブルックナー: 交響曲全集(0-9番)、アダージョ第2番、「朝比奈隆ブルックナーを語る」<タワーレコード限定/限定盤> 【SACD】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今こそ聴かれるべき朝比奈隆の芸術。ブルックナーの交響曲全曲(第0番~9番)に宇野功芳との対話をカップリング。さらに特別収録として第3番アダージョの異稿を加え初SACD化。シングルレイヤーならではの利点を生かした長時間収録で、なんと3枚のディスクにそのすべてが収録!
今回の復刻は、全集としては2002年に市販で「朝比奈隆メモリアル・ボックス」として11枚組CD BOXが再発されて以来のリリースで、朝比奈ファンならずとも、記念碑的な東京カテドラルでのライヴを含む待望の再発です。大阪フィルを含む計5つのオーケストラと、1978年の第0番から、1989年録音の第4番まで、足かけ11年をかけて第0番を含む計10曲で完成された朝比奈唯一のブルックナー:交響曲全集です。以前の全集時に収録されていた宇野功芳氏との1989年の対談「朝比奈 隆ブルックナーを語る」と、今回、全集時には未収録で、後日シベリウスの交響曲第2番の余白に収められていた「交響曲第3番アダージョの異稿」(アダージョ第2番)を初めてカップリングしました。今回の初SACD化では、前回のCDセット時の販売価格(税抜\19,000)を更に下回り、シングルレイヤーならでは長時間収録という利点を生かして、SACDシングルレイヤー盤として3枚組、税抜\15,000でリリースいたします。尚、今回3枚組を実現しました可逆圧縮方式に関しましての記述は、角田郁雄氏による文末の「このSACDについて」の記述を参照ください。(1/2)

 

タワーレコードで購入

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です