MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk

シューベルト: 交響曲第2番, 第5番 /フィリップ・ヘレヴェッヘ (e-onkyo配信)

【曲目】
1-4. 交響曲 第2番 変ロ長調 D 125(1815)
5-8. 交響曲 第5番 変ロ長調 D 485(1816)

【演奏】
フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮
アントウェルペン交響楽団
(旧称:ベルギー王立フランダース・フィルハーモニー管弦楽団)

e-onkyoで購入

飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ コンサート 2017(e-onkyo配信)

『あえて指揮者をおかず、奏者ひとりひとりが感覚を研ぎ澄ませることで高度なアンサンブルを実現する』……
そんな独自のスタイルで純度の高い音楽を聴かせてくれる精鋭集団が、「飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ」。飛騨に縁のある一流演奏家が中心となり2005年に旗揚げされたプロフェッショナル楽団です。
高山市出身の栃本浩規氏(トランペット/東京藝術大学准教授)、下呂市出身の森純一氏(ファゴット/東京フィルハーモニー交響楽団)、コンサートマスターに荒井英治氏(ヴァイオリン/東京音楽大学教授)他、国内外で活躍するトップ・プレイヤーたちが、驚異の演奏を繰り広げます。

本アルバムは、2017年3月20日、岐阜県高山市 飛騨・世界生活文化センター 飛騨芸術堂で行われたコンサートのライブレコーディング。収録にはドイツの録音機器RMEのMicstasyやHDSPe MADI FXといったMADI録音システムとMagixのDAW Sequoiaを使用し、192kHz/24bit (Stereo/Surround)で収録されました。
指揮者をおかないことで生まれる奏者同士のスリリングな緊張感や、呼吸を合わせて音楽を前進させるマジカルな空気感など、ハイレゾならではの楽しみが存分に味わえる録音です。

e-onkyoで購入

宮沢明子ピアノ名曲集 乙女の祈り・エリーゼのために・愛の夢 76/45[Live](e-onkyo配信)

1970年代にかけて、国内最大手の家電量販店「第一家庭電器」が、DAM会員向け企画「マニアを追い越せ!大作戦」のために、「スーパー・アナログディスクDAM 45/33」を、75タイトル(1975年~1990年)、完全限定制作・頒布されました。
http://www.superanalogue-dam45.net/
その中に、DAMオリジナル録音作品が36タイトルあります。大半が1/2インチ76cm/secのアナログ録音です。
そのマスターテープを可能な限り忠実に再生するべく、DAMと東芝EMI技術陣(現ユニバーサル・ミュージック・ジャパン)が総力を挙げて完成したのが、「DAMオリジナル録音・スーパー・アナログディスク76/45」なのです。
ただ、そのオリジナル・アナログ・マスターテープは、たった1回だけプレスされただけで、その後27~40年間あまり、門外不出とされ、一切市販されませんでした。(一部の共同録音を除く)

e-onkuoで購入

Attraction/Christoph Sietzen

アトラクション~パーカッション作品集

実力派マリンバ奏者達が集結したウェーヴ・カルテットのメンバーとしても活躍するクリストフ・シッツェン。ブルックナー音楽大学で、ボクダン・バカヌ、レオンハード・シュミディンガー各氏に師事。2014年ミュンヘン国際音楽コンクールにおいて3位入賞。現在は演奏活動の他に、ウィーン国立音楽大学臨時講師を務めています。
パーカッションの現代音楽作品を集めたアルバムは、シッツェンに献呈されたエマニュエル・セジョルネ[1961-]の『アトラクション』に、ピアノ曲で有名なペルトの2作品~『アンナ・マリアのために』『アリヌーシュカの回復への変奏曲』~の作曲家自身が許した世界初録音となるパーカッション編曲版、クセナキスの難曲など、多彩なレパートリーを収録。

 e-onkyoで購入

モーツァルト: “黄金時代”の作品集 – ピアノ・ソナタ第18番, 第14番, 第15番, 他/金子陽子

金子陽子のフォルテピアノ独奏によるモーツァルト“黄金時代”(1781-1791)の作品集
世界的フォルテピアノ奏者金子陽子の新譜はモーツァルトのピアノ作品集。作品はモーツァルト25歳から晩年の10年、ピアノ作品が最も充実していたまさに“黄金時代”の作品を集めました。第3楽章に「ロンド」K.494 を改訂したものを加えて3楽章のソナタとして出版されたピアノ・ソナタ第18番などソナタを3曲とロンド イ短調 K.511、幻想曲 ハ短調 K.475 そしてアダージョハ長調の計6曲で構成されております。非常で繊細なタッチと息をのむような多彩な音楽表現が魅力の金子陽子の演奏がモーツァルトの作品の素晴らしさをいっそう引き出しております。そして天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏による新録音は今回も超優秀録音としても大注目です! (キングインターナショナル)

タワーレコードで購入

e-onkyoで購入

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988/伊藤栄麻(e-onkyo配信)

“1990年代に活躍し、モーツァルトのピアノ・ソナタや協奏曲でエレガントな演奏を聴かせた伊藤栄麻。彼女が演奏した「ゴルトベルク変奏曲」は、優しくて芯のある美しいタッチが、まるで水滴が転がるように連なって聴き手に快い時間を与えてくれる。ところが、この音源。じつは再生するのがとても難しい。1994年にM・Aレコーディングのダッド・ガーフィンクルが録音したもので、このときCD用のデジタル録音とは別に、アナログLP用に徹底して音質にこだわってスチューダーのA820で76cm/sのアナログ録音を行なっており、このアナログ・マスターテープからデジタル化したDSF5.6MHz音源なのだ。制作にあたっては一切のコンプレッションを使用していないため。全体的に記録レベルは低め。そのうえタッチや響きのコントロールなど微細を極めた演奏だから、ポップス系のイメージで聴くと“こんな寝ぼけた音でいいの?”と、間違いなく肩透かしをくらう。とくに振動系の重いスピーカーではヌケの良くない音になる可能性が大だ。ところが、感度の優れたシステムで再生すると、ピアノがまるで水を得た魚のように輝き、残響成分が自然に拡って、すばらしい空間描写が生み出される。オーディオシステムの再生能力を暴き出すチェックソースでもあるのだ。”(text by 長谷川教通)
e-onkyoで購入

Nojima plays Liszt/野島稔

ピアニストとして国際舞台で活躍し、2016年現在は東京音楽大学学長を務める野島稔が1986年にREFERENCE RECORDINGSで録音したリスト作品集。発売後、アメリカのオーディオ雑誌「ステレオ・レヴュー」で月間最優秀録音賞を受賞した名録音です。本録音で野島の超絶テクニックはアメリカでも評判となり、野島の海外での評価を決定付けた1枚でもあります。現在は、地元・横須賀で「野島稔よこすかピアノコンクール」を開催するなど若きピアニストたちへ活躍の場を与えている野島の、若き日の圧倒的なテクニックと表現力を堪能することのできるアルバムです。
タワーレコードで購入

e-onkyoで購入