MYUtakasaki

MYUtakasakiは高音質ソフトを販売、紹介するショップです。

kk
オーディオ誌で紹介されたソフト

J.S. バッハ(ブゾーニ編曲): ゴルトベルク変奏曲 BWV988 /塚谷水無子【CD】

バッハの作品を現代ピアノで演奏することに於いて、ピアノという「楽器」を知り尽くしたブゾーニの編曲の手法やピアニスティックな響きへの置き換えなどその叡智を知ることは、バッハ作品自体の素晴らしさを深め開眼させてくれます。バッハ《ゴルトベルク変奏曲》のブゾーニ編曲版は、多くが20変奏前後に省略した「コンサート版」だったり、楽譜の細かなところまで精査し演奏したものが皆無だったりします。今回、塚谷水無子は、ブゾーニ楽譜の細部、書き換えた音符の意味を探り、Ossia(簡略譜ではなく、むしろ出来ればこうして弾いて欲しいんだが…)の指示や演奏至難過ぎて別書きにしたNB譜など徹底的に読み砕き拾い上げて、「ブゾーニ・ゴルトベルクのMAX」で演奏し収録しています。バロックの響きを現代ピアノでどう響かせるか?に腐心したブゾーニの楽譜を紐解き忠実に演奏することで、改めてバッハ・オリジナルの《ゴルトベルク変奏曲》へ立ち返っていきます。また名曲「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV 639、「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」BWV 659も収録しております。録音は今回もオーディオ誌でお馴染みの生形三郎氏が手掛けています。(キングインターナショナル )

タワーレコードで購入

J.S. バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 /イリーナ・メジューエワ【CD】

「この演奏からは、『世界』を超えた無辺の天界を48個の宝玉であまねく映し出した、『インドラの網』のような光景が浮かびます」(岡田央太)「この音楽に脈打つ、険しくも喜ばしい創造の息吹を思えば、メジューエワの表現者としての魂が、覚醒と法悦のはざまで美しく躍動していたであろうことは、疑いがありません」(粟野光一) 若林工房

 

タワーレコードで購入

悲愴/月光/熱情~リサイタル・ピース第2集/反田恭平【HQCD】

2015年、アルバム『リスト』で鮮烈なデビューを果たし、デビューリサイタル@サントリーホールにて満場の聴衆を熱狂させたピアニストの革命児、反田恭平。2017年のツアーの際に好評を博した、ツアー開始前に演奏予定曲目を予習できるアルバム『リサイタル・ピース第1集』(通称『先出しCD』)に続き、2018年も『リサイタル・ピース第2集』をリリース。今回のツアーで披露するのはオール・ベートーヴェン・プログラム。その内容と連動し、プログラムのメインとなるベートーヴェンの三大ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」を収録。 (C)RS

 

タワーレコードで購入

ブラームス: 主題と変奏 Op.18b/バラード集 Op.10/幻想曲集 Op.116 /デニス・コジュヒン【SACDハイブリッド】

強靭なテクニックと豊かな表現力を兼ね備えたロシア期待の星、デニス・コジュヒン。当ディスクではブラームスのピアノ独奏作品をとりあげました。ロマン派のなかにありながら純音楽の伝統を固執するブラームスのピアノ作品は特に若手ピアニストにとって難曲と言えます。しかし、コジュヒンは独自の感性を武器に真っ向からブラームスに挑戦しています。クララ・シューマンに献呈された主題と変奏は、弦楽六重奏曲第1番の第2楽章をピアノ独奏にブラームス自身が編曲した作品でコジュヒンの堂々たる演奏が印象的です。また、バラード集や幻想曲集で聴く抒情的な語り口は圧巻です。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、PENTATONEレーベルが誇る技術チームによる録音で、DSDレコーディング技術で収録されたマルチチャンネル対応の極上の高音質録音を楽しむことができます。 (キングインターナショナル)

タワーレコードで購入

パリ、愛の歌~永遠のシャンソン&フレンチポップ~ /Claire Elziere【CD】

ジュリエット・グレコに絶賛された、古き良きシャンソンの伝統を今に伝えるクレール・エルジエールのシャンソン名曲集第3弾!素直でまっすぐなクレールの澄んだ歌声の素晴しさと、それを支える名手ダニエル・コランと新進気鋭のアコーディオン奏者クリストフ・ランピデキアの情感溢れる演奏、そしてマティルド・フェブレールの心躍るヴァイオリンの調べ!聴き所満載のシャンソンアルバムの決定盤!「セ・シ・ボン」「サン・トワ・マミー」から、バルバラの歌唱で有名な「わが麗しき恋物語」、エディット・ピアフのレパートリー曲「水に流して」そして「恋は水色」まで、まさに永遠の名曲を素晴しい歌唱でお届け。 (C)RS

 タワーレコードで購入

インスピレーション /シェク・カネー=メイソン【CD】

2018年5月19日に行われるロイヤル・ウェディング出演という、世紀の大舞台での演奏が決定し、世界で大きな話題を巻き起こしている19歳のヤング・チェリスト、シェク・カネー=メイソン(シェク)のデビュー・アルバムを国内盤緊急リリース!アルバムには、レゲエの”レジェンド”ボブ・マーリーのヒット曲<ノー・ウーマン、ノー・クライ>(シェク自身によるチェロ編曲版)や、デビューのきっかけとなった”BBCヤング・ミュージシャン・コンクール2016″で優勝に輝いた作品である、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番をはじめ、チェロの”神様”パブロ・カザルス編曲で有名なバイブル的存在の≪鳥の歌≫、世界的シンガー、レナード・コーエンの<ハレルヤ>など、オール・ジャンルの内容で、シェクの底なしの音楽性と魅力を披露している。 (C)RS

タワーレコードで購入

シネマ・ホリック/トリオカルディア [UHQCD]

国立音楽大学附属小学校からの幼なじみ3人組。「カルディア」とはギリシャ語で「心」を意味している。国立音楽大学で学びそれぞれが各分野にて幅広く演奏活動をしながら、トリオ・カルディアでは幼なじみにしかできないアンサンブルを展開。『ムジークフェストなら』をはじめとする各音楽祭への出演や、アウトリーチ事業や病院・介護施設などの福祉活動等、幅広いフィールドで演奏活動を行うと共に、ニッポン放送「垣花正のあなたとハッピー」への出演やCMに楽曲提供など各メディアにも出演。クラシックをベースに、ジャンルに囚われない音楽活動を行なっている。

タワーレコードで購入

passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 /藤田真央【CD】

2017年のクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールを制し話題となった2018年現在19歳のピアニスト藤田真央、待望の3rdアルバム。今シーズンのコンサートプログラムを中心とした名曲の数々や、国内リリース希少なヴォロドス編「トルコ行進曲」を収録。 (C)RS

 

 

タワーレコードで購入

THRACE~トラキアの音楽 /ジャン=ギアン・ケラス 、 ソクラティス・シノプロス【CD】


ケラスがいざなう、時空を越えた旅路。古楽から現代まで、おそろしいまでに精確な技術でいとも簡単にその垣根を越えるケラスによる、時代と地域を大きくまたがるプロジェクトの登場。タイトルのTHRACEとは、紀元前2,3世紀に栄えた文化交流も活発なトラキアのことで、歴史的に様々な地域のことを指しますが、本アルバムでは、ギリシア、トルコおよびブルガリアの音の原風景がとらえられています。蠱惑的なリズムに乗ってケラスが奏でる古の旋律と、打楽器、リラの音色が合わさって、古の人々が行き交う喧騒が聞こえてくるかのよう。ケラスのチェロの音色と、ギリシアの名手シノプロスが奏でるリラの音色が混然一体となり生まれる魅惑的な旋律、そしてケラスの幼馴染でもあるシェミラーニ兄弟のパーカッションの妙技にも引き込まれる1枚です。 (キングインターナショナル )

タワーレコードで購入